出会いを求める多くの人

出会いを求める多くの人

出会い系という言葉に、なんとなく不信感を抱く人は少なくありませんよね。あなたはいかがですか?ちゃんと調べたこともないまま、出会い系というものは危険なものと決め付けてはいませんでしょうか?必要もないのに出会い系を利用することはおすすめしませんが、逆に先入観で出会い系というものを危険と決め付けてしまうのももったいないことです。 なぜ、出会い系は危険というイメージが付きまとっているのでしょうか?それは一部の悪質な利用者と運営者のせいなのです。かつて消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代、闇金業者が多く存在していましたよね?それと同じことです。しかし、法律が改正されたことによって闇金業者はかなり減りました。同時に金融業者は一丸となり、悪いイメージが定着してしまったサラ金という呼称ではなく、消費者金融という呼称を定着させたのです。これによって金融業者はサラ金時代の金融業者に対する悪いイメージを払拭させました。 出会い系の場合も、健全に出会いを求める人たちによってその歴史がスタートしました。しかし、ネットの普及によって出会い系という言葉が一般世間に定着するとほぼ同時に、悪質業者や悪質な利用者が急増したのです。この悪質な業者や利用者によって出会い系を舞台にした犯罪も急増し、悪いイメージが定着してしまいました。つまり、出会い系そのものがブラックな世界というわけではなく、それを利用した悪意ある人々が出会い系という言葉に悪いイメージを定着させているのです。 最近は一般業者だけでなく、自治体が主催する出会い系も登場しています。街コンです。街コンも立派な出会い系なのです。しかし自治体という信用できる主催者だからといって、悪質な利用者が紛れていないとは限りません。出会い系を利用するにあたっては、主催者の信用度だけではなく、そこで出会った相手も信用に足る人物なのかを見極めなければならないのです。それを見極めることが出来れば、出会いを求める多くの人にとって出会い系は非常に便利なサービスとなるのです。出会い系は利用者自身の判断力が全てと言っても良いでしょう。